インプラント治療

インプラント治療が適用されるケースとして、周辺の歯に関係なく治療したいといったケースです。
ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯だけを根元から再生する治療になります。
他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと考えている患者さんには、インプラント治療を優先して良いでしょう。
混同されることの多いインプラントと差し歯。
何が違うのでしょうか。
まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。
残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。
そのため、歯そのものを抜いてしまうと、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
さて、そこでインプラントですが、これは金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても利用できるのがインプラントの強みです。
技術の進歩した今では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。
義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、噛んでいるとグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。
これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることの影響が多分にあります。
なるべくなら、インプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再び手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、手術箇所が落ち着くように、安静に過ごさなければなりません。
日常生活には極端な制限はありませんが、負荷がかかる身体運動は控えることが望ましいです。
傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
運動を毎日のように行っている方は、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておけばベターです。
厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。
医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして医療費を収入から引くサービスを受けられます。
医療費控除を受けようとすれば歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。
最近よく耳にするインプラントは、虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯のことです。
インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと歯根からあごの骨に埋め込んでいるので噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。
安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。
治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を希望することになるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。
インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントはより自然な噛み心地を得られるためきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはそれによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材でできているからです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、その全額が自費になるのが普通です。
余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればもう少し粘ってみてください。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療ができるようになっています。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を調べ、 相談してください。
PRサイト:安くて効果的なホワイトニング

埋め込む施術

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。
旧来の入れ歯と比べた場合、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。
この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの熟練の技が物を言うといわれています。
それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということであり、その分高額になっているのです。
どんなインプラントも当然、虫歯にはなりませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングを忘れることはできません。
ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑ってください。
放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察を受けましょう。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、現状では確実な説はありません。
きちんとメンテナンスを行った場合は本来の歯同様の耐久性を得られると考えていいようです。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長い間自分の歯と同じように使えますが、ひとたびケアを怠ればすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを忘れてはいけません。
人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、埋入手術後はどの患者さんも多少の違和感があるといいます。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにここはぐっと我慢してください。
もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。
大至急歯科医にかかってください。
徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前はしなかった口臭がするようになったということも歯科医院ではよくきかれます。
インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。
この原因としては、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているケースもあり得るのです。
より深刻な事態を食い止めるためにも、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。
どうにもならない虫歯で、抜くしかなくなってしまいました。
ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラントの方が良いと考えました。
結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯に近い使用感があるとのことでした。
治療後、噛めるようになると、ほどなく噛んだときの違和感がなくなってきたのでこれで良かったと実感しています。
骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は原則的には一生持つとされていますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。
毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。
また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数にも影響が出ます。
インプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという話があったのではないでしょうか。
それは本当のことではありません。
磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。
インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属といっても磁気には反応せず、MRI検査への影響はありません。
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
インプラント埋入手術では、術中、痛くて我慢できないことはまずありません。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術に取りかかるためです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかもしれませんが痛みに備えて、頓服薬を処方されるので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。
まず、差し歯というのは、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
では、インプラントの場合はどうでしょうか。
インプラントは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。
引用:歯を白くする方法は自宅で歯磨きです

保険適用外

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。
しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。
保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。
それでも保険適用外なのはインプラント治療と一口に言っても他の人工歯を使った治療に比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。
あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。
治療の一部を保険適用にするだけでも、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
インプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
口を開けたところを見ればほとんどの場合、インプラントが高い評価を得るでしょう。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛さもあるのです。
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まず既往症を完全に治しておくことが必要条件です。
さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもインプラント治療のリスクが増大します。
今は、このような病歴があるからといって絶対治療できないとは言えません。
歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、まだ定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保つとされています。
ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間の使用も問題ありませんが、ひとたびケアを怠ればインプラントの維持が難しくなってしまうということを忘れてはいけません。
多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。
保険適用のケースはほとんどなく、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差はかなりありますし、自由診療なので、歯科医院ごとに相当差が開きます。
治療が終わっても、ずっと定期検診があることも念頭に置きましょう。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い感じで噛めるので、どんなガムでも安定した噛み心地なのはけっこう大事なメリットの一つです。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強いものでもあります。
どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、自分の歯がうずく反応もよくあります。
手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間の経過ともに落ち着くのが圧倒的に多いです。
別の原因が隠れていることもあり得るため、インプラントがなじむまでの間は特に、速やかに歯科医の診断を受けることで早めの対応をしていきましょう。
いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。
実際のところ、費用の総額は歯科医院ごとに大きく異なります。
インプラント治療はほとんど自由診療のため、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
ただし、おおよそ相場は決まっています。
インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場です。
入れ歯で噛むと食べた気がしない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に選択肢としてインプラント治療があります。
チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつける治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。
どうしても外見や噛み心地を求められるなら、何といってもインプラントです。
現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。
最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療可能になっています。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を十分調べてください。
こちらもどうぞ>>>>>ホワイトニング専用の歯磨き粉を用意