インプラントとクラウンの大きな違い

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が健全であれば冠状の義歯としてクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。
その一方で、歯を抜いてしまった場合もし、入れ歯を採用しない場合、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。
治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。
健康保険が使えることもまれにありますが、普通のケースではまず適用されず治療のごく一部しか保険適用にならないのがどうしても高額になってしまう原因です。
インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることをくれぐれも忘れないでください。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗してもやり直しできないことが多い点です。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着させるので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨の中にインプラントが埋まらなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
重度の虫歯になってしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、このような場合、インプラントにもできますと説明され自分の気持ちが固まりました。
自費診療なので、かなりの額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。
手術が終わってから、だんだんと虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでこれで良かったと実感しています。
現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。
骨との親和性が高くアレルギーの発症例も少なくなっています。
インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的な治療がスタートするので患者も納得し、安心して治療を開始できます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを欠かさず継続することで長い間、問題なく使うことが可能になります。
インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので埋入手術後はどの患者さんも違和感を生じるのが当たり前の反応です。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて我慢あるのみです。
ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。
こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療を受けましょう。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全ては歯科医の裁量にかかっており決定的な違いが出てくると考えられます。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法なのは明らかで、歯科医選びに全力を尽くすことがインプラント治療の結果を左右するのです。
歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものに関わる失敗、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目の問題が起きる可能性もあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。
インプラントを埋め込んだ後、その歯は当然、虫歯にはなりませんが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。
せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスが必ず求められます。
ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。
感染が重篤化する危険性があるので即刻診断を受ける必要があります。
初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
ですから、抜歯してしまって歯がない場合はそもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。
対して、インプラントは差し歯と異なり、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。
詳しく調べたい方はこちら⇒歯専用の通販でホワイトニングジェルを見つけました