インプラント治療

インプラント治療が適用されるケースとして、周辺の歯に関係なく治療したいといったケースです。
ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯だけを根元から再生する治療になります。
他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと考えている患者さんには、インプラント治療を優先して良いでしょう。
混同されることの多いインプラントと差し歯。
何が違うのでしょうか。
まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。
残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。
そのため、歯そのものを抜いてしまうと、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
さて、そこでインプラントですが、これは金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても利用できるのがインプラントの強みです。
技術の進歩した今では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。
義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、噛んでいるとグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。
これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることの影響が多分にあります。
なるべくなら、インプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再び手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、手術箇所が落ち着くように、安静に過ごさなければなりません。
日常生活には極端な制限はありませんが、負荷がかかる身体運動は控えることが望ましいです。
傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
運動を毎日のように行っている方は、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておけばベターです。
厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。
医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして医療費を収入から引くサービスを受けられます。
医療費控除を受けようとすれば歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。
最近よく耳にするインプラントは、虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯のことです。
インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと歯根からあごの骨に埋め込んでいるので噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。
安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。
治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を希望することになるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。
インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントはより自然な噛み心地を得られるためきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはそれによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材でできているからです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、その全額が自費になるのが普通です。
余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればもう少し粘ってみてください。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療ができるようになっています。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を調べ、 相談してください。
PRサイト:安くて効果的なホワイトニング

コメントする